ドゴン族の洞窟のその先へ


昨日はフラワー・オブライフのドゴン族の壁画の項目を読んでいて、キタこれーーーーーー!って大興奮で、インコ達もビックリ!www



子供の頃から昼夜問わず見えている、洞窟の奥に見える神秘的で美しい湖のような神聖な光。

数年前に瞑想を始めて3日目で出現したフラワーオブライフ。様々な模様や図形があって、完璧な黄金角を取っています。


こんな感じー

そしてつい先日…あぁ、洞窟のその先は宇宙だったのか!って確信が持てて…ドゴン族が守っていた洞窟の項目に差し掛かった所で、頭上から眩しい光がビカーーーーーっとレーザービームのように発射されたんですけど何?www


このあたりです。
約700年前に書かれたドゴン族の壁画とシリウスAの軌道。


700年前ですよ!


ドゴン族の神聖な洞窟を守る者は1人で中には誰も入れない。きっと自分はその洞窟の中が見たくて見たくてたまらなかったドゴン族の子供なのかな?と妄想。


フラワーオブライフを読み進めつつ、ドゴン族や更にドゴン族の先住民についても色々調べたくなって来たので、眼精疲労が進む日々になりそうです。


それにしても興味深い。
ちなみに中央のモチーフはウルトラマンの開きじゃなくてワニですw

タロットと地域猫

武屋 実南呼(たけや みなこ) 横浜生まれ横浜育ち。 目覚ましは汽笛信号。 地域猫のお手伝いとインコとヤモリ。 鑑定のご依頼はメニューを ご覧ください。 寝返り部キャプテン。 写真とコラージュ。