蒲田散策 別宅候補編

先日、打ち合わせで蒲田を散策したんですよね。散策と言うよりジャンク臭と遊廓臭がぷんぷんでワタシがお相手を連れ回したと言うのが正解です。


こんなにカッコイイ愛車でお迎えに来られたら惚れちゃいますね♡



別宅候補=終の棲家でタロット切る…これが基準となっております。だから豪邸とかじゃなくて、ひっそりとそして厳然たる佇まいが必要なのです。



失礼なのは承知で書かせて頂きますが、遊廓臭ぷんぷん物件も本当に沢山あります。外壁ブロックがロマンチックでうっとりです。



もじゃもじゃも多い地区ですなぁ。
いいですねぇ、このもじゃり具合。もじゃ好きにはたまりませんね。


しかし蒲田にはペットボトル猫よけなお宅も多いんですよ奥さん。ペットボトル猫よけ信者が多いなんてのも素敵ですね。


とても魅了されたので、次回はもー少し暖かい日に散策したいっすね。

タロットと地域猫と撮影と。

生まれた時から横浜の潮風とともに、 あれこれ蒐集して暮らしています。 鑑定のご依頼はメニューをご覧下さい。 寝返り部キャプテン。 写真と地域猫のお手伝い。

0コメント

  • 1000 / 1000